地震 警報機や思いがけない関連商品の紹介。お買い得品や掘り出し物も見つかる地震 警報機サイト。

音声地震津波警報器 DEST A-5

3002

価格

3,002円

商品概要

初期微動(P波)を感知し、大きな揺れ(S波)が来る0秒 数秒前に大音声と点滅ライトでお知らせ!

商品の詳細説明

リンク先 > ビックカメラ.com 様(外部サイト)

リーベックス 音声地震津波警報器 DEST A-5

3002

価格

3,002円

商品概要

301ポイント還元

商品の詳細説明

初期微動(P波)を感知し、大きな揺れ(S波)が来る0秒-数秒前に大音声と点滅ライトでお知らせ!※緊急地震速報を受信するタイプとは異なります。●特徴・震度5弱以上に対応。・大音量80dB/m(不安をあおるサイレン音ではなく音声で大地震発生と津波警報を繰り返しお知らせして警戒・避難を促します。)・P波(縦揺れ)、S波(横揺れ)センサーが直接地震を感知。・簡単設置。AC電源不要。水平に設置するだけ。・停電時も監視。電池式なので安心。電池切れお知らせLED付き。

リンク先 > Kojima.net(コジマネット) 様(外部サイト)

セキュリティナビ 2014

2160

価格

2,160円

商品概要

セキュリティ機器&システムの全てが一覧できる年鑑誌。セキュリティビジネスの必携書。世界の先進技術―イスラエルが誇る世界最先端のITテクノロジーを生み出した防衛技術の発達と民間転用の歴史南海トラフ巨大地震―海トラフ巨大地震対策の基本的方向暮らしに役立つ情報―数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表される「特別警報」が新たにスタート総務省消防庁:火災の概要―平成25年(1ー3月)における火災

商品の詳細説明

セキュリティ機器&システムの全てが一覧できる年鑑誌。セキュリティビジネスの必携書。世界の先進技術―イスラエルが誇る世界最先端のITテクノロジーを生み出した防衛技術の発達と民間転用の歴史南海トラフ巨大地震―海トラフ巨大地震対策の基本的方向暮らしに役立つ情報―数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表される「特別警報」が新たにスタート総務省消防庁:火災の概要―平成25年(1ー3月)における火災の概要警察庁:警備業の概況―平成24年における警備業の概況サイバー犯罪―巧妙化・複合化するサイバー攻撃 中小企業にも広がる標的型サイバー攻撃被害フリアーシステムズジャパン(株)―赤外線サーマルカメラのリーディングカンパニーとして世界各地の重要施設のセキュリティに貢献するフリアーシステムズBosch Security Systems―4Kネットワークカメラの試作機を発表!コンテンツベースの画像制御技術により、転送レートを大幅に低減(株)KSM―設立10期目に突入!安全で快適な世の中の実現に向け高性能の製品開発により社会貢献を続けるKSMMOBOTIX JAPAN―高度なテクノロジーの数々で顧客のニーズに沿った最適な監視システムを実現してきたMOBOTIX〔ほか〕

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

検証3・11災害医療

1512

価格

1,512円

商品概要

災害大国日本の緊急救命医療の現実、これは訓練ではない!地震や津波、火山噴火、河川の氾濫、地滑り…、大規模自然災害が列島を襲う!もはやどこに住んでいようとも、自然災害のリスクは誰にでもある。3.11震災が残した貴重な経験を今後に活かすために、そして国民の命を守るために何をするべきか!第1章 2011年3月11日14時46分(これは訓練ではない―県立大船渡病院;運び込まれる被災者たち;トリアージに必要

商品の詳細説明

災害大国日本の緊急救命医療の現実、これは訓練ではない!地震や津波、火山噴火、河川の氾濫、地滑り…、大規模自然災害が列島を襲う!もはやどこに住んでいようとも、自然災害のリスクは誰にでもある。3.11震災が残した貴重な経験を今後に活かすために、そして国民の命を守るために何をするべきか!第1章 2011年3月11日14時46分(これは訓練ではない―県立大船渡病院;運び込まれる被災者たち;トリアージに必要なこと ほか)第2章 検証・大船渡病院の災害医療対応("フェーズ1:発災から24時間";DMAT来援;判断を現場に任せてほしい ほか)第3章 住民の命をつないだ大船渡保健医療チーム("フェーズ1:発災から24時間";震災当日から避難所へ炊き出し;保健医療チームと"避難所受け持ち制"の立ち上げ ほか)第4章 各所で立ち上がる医療救護班("フェーズ2:発災から72時間";津波警報、福島原発3号機爆発;急性期から慢性期への移行 ほか)第5章 長期化する避難生活("フェーズ3:発災から2週間";3月19火ローラー作戦開始;全戸調査で見えてきたこと ほか)第6章 避難所住民の健康を守る("フェーズ4:(発災から2ヵ月まで)";感染症との闘い;震災とテクノロジー ほか)第7章 応急仮説住宅へ。いまなお続く震災の後遺症("フェーズ5"(発災から2ヵ月以降);避難所から応急仮説住宅へ;バリアフリーの応急仮説住宅をめざして ほか)第8章 日本の災害医療の現実(災害の想定外は想定内;広域医療搬送の必要性を認めなかった政府;現場にどこまで権限を委ねるか ほか)第9章 災害大国日本、今そこにある危機を生き抜くために(次に起こることは何か;誰がコーディネーターになるか;災害医療に欠かせないインフラをつくる ほ

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)